クレジットカード現金化に比べて、電子マネー現金化のメリットって?

クレジットカード現金化を追うようにして、電子マネー現金化の話を聞くことが増えてきました。
電子マネーの現金化も、クレジットカード現金化とやっていることがほぼ同じで、買い物からの換金です。
電子マネーの普及に伴い、これからも増えていくことでしょう。
では電子マネーの現金化はどんなもので、クレジットカード現金化と比べてどのようなメリットがあるのでしょうか。
調べてみました。

電子マネーは持て余しがちなもの

チャージしてから使う、というのが一般的である電子マネーは、使いきれずに残高を残してしまいがちです。
そのまま行きつけの店やネットショップで使えれば良いのですが、クレジットカードと比べ、まだ対応していないという場合も多いのです。
また、電子マネーは近年普及してきたものです。
キャンペーンにつられて始めてみたものの、結局使わなかった、他の電子マネーを使うことにしたという人も多いでしょう。
キャンペーンで受け取ったポイントには有効期限が設定されていることもあり、なんとか失効する前に現金化できないかと考えてしまいますよね。

出金できる電子マネーはあるけれど、クレジットカードでチャージした場合はできない

実は銀行口座やATMからチャージした残高は出金できる場合が多いです。
少しの手数料はかかりますが、このようなサービスが標準で存在する場合は、それを使って現金化するのが一番お得でしょう。
しかしクレジットカードやキャリア決済でチャージした場合は、出金できないというのが基本です。
これができてしまうとクレジットカードから電子マネーを経由して現金化できてしまうので、これからも可能になることはないでしょう。
個人間で送金するサービスも同じく、クレジットカードやキャリア決済では使用できなくなっています。
これらの残高や、あるいはポイント扱いの分を現金化しようとするなら、何かを買って売るか、大手のクレジットカード現金化業者にお願いするという手段しかないのです。

そこで現金化、電子マネーならではのメリット

クレジットカードの現金化と比べ、電子マネーの現金化の何がすごいかというと、やはりキャンペーンなどのボーナス分が現金化できるということでしょう。
多くの業者が参入した結果、電子マネーはキャンペーンをぶつけあっているような状態です。
使った分がいくらか戻ってきたり、友達を紹介して数千円を貰えたりします。
ちょっとしたお小遣い稼ぎとしても、電子マネーの現金化は魅力的なのです。
また、電子マネーがマイナポイントの提携先になっていることも大きいでしょう。
最大20,000円分のポイントが得られますが、電子マネーをあまり使わないという人にとっては、現金化はとてもありがたいものなのです。

まとめ

以上のように、使ったぶんだけ決済するクレジットカードと違い、電子マネーは残高が余りがちです。
そしてキャンペーンでもポイントが多く貰えますが、それを通常の手段で現金にはできません。
電子マネーを余らせている、使う場所がないという人にとって、現金化はとても合理的な手段だということです。
使わなければないのと同じ。
ましてポイントには有効期限があることも多く、使わなければ損をした気になってしまいます。