クレジットカード現金化は詐欺に巻き込まれるの?

クレジットカード現金化は皆さんはご存知でしょうか?クレジットカード現金化は、クレジットカードで商品を注文してからその商品をクレジットカード現金化業者に流していって現金にするというような形になります。
キャッシュバックの枠を利用して現金を得るというような形もあります。
法律的にはグレーゾーンのものになるのですが、クレジットカード業者やネットショッピングの業者によっては罰則があるようなものになっています。
また、自己破産の時には破産法でクレジットカード現金化を禁止しているということもあって自己破産ができないというようなことにもなりますので色々とデメリットが大きいのがクレジットカード現金化です。
それ以外にもデメリットがあるのですが、それがクレジットカード現金化は詐欺にも利用されてしまう可能性もあります。
そこでいろんな事例をあげつつクレジットカード現金化の恐怖を説明していきます。

クレジットカード現金化の詐欺

クレジットカード現金化はそもそも法律的にはグレーゾーンであり、破産法では違法だと認定されているようなものです。
だからこそクレジットカード現金化を取り扱うような会社というものは危ない会社であるということがほとんどです。
なのでクレジットカードを利用した犯罪というものが必然的に増えていきます。
まず事例として挙げられるのがクレジットカードの情報を意図的に利用するというものです。
クレジットカードの現金化においてクレジットカードの情報というものが必要になっていきます。
クレジットカードを利用して現金を得るからです。
そこで業者によってはクレジットカードの情報を利用して個人情報を無断で悪用されるというケースが多いです。
個人情報の中でもすごく大切な情報であるクレジットカードの情報を相手に伝えていますので犯罪に利用されるケースが大きいです。
また、他の事例としては、追加で入金するとさらにお金が手に入るというような甘い誘いをしてくるというのもあります。
追加入金というものはお金に困っている人であればついつい乗ってしまうと思うのですが、新しい振り込め詐欺と言われているくらいです。
また、特定の業者を紹介してそこが高額な手数料を取るような会社で高額な手数料を取られてしまうという事例もあります。
いわゆる紹介屋詐欺と言われています。

警察に相談すべき?

そんな事例がたくさんあるのですが、だったら警察に相談すれば良いと思うかもしれないですが、警察自体も動いてくれる可能性は低いです。
もともとがそこまで良いものではないクレジットカード現金化でそれを詐欺を受けた側もしていますのですごく業者が悪いことをしていない限りは動いてくれる可能性は低いです。
国民生活センターに相談するという手が一番良いのですが、まず警察に頼っても意味があまりないと言えます。
元はクレジットカード現金化を利用した個人が悪いからです。

まとめ

以上のようにクレジットカード現金化自体はグレーゾーンであり、それによって多くの詐欺を受ける可能性もあります。
詐欺被害に遭っても解決が難しくて困難なのでクレジットカード現金化自体をしないように日頃から気をつけるべきかなと思います。