クレジットカード現金化は身分証なしでも現金化できるの?

クレジットカード現金化は身分証なしで現金化することはできません。
カードの現金化は、商品を購入して売ることで現金化しますが、結果的に中古のものを売ることで換金しています。
そのため古物営業法が適用されるため、身分証明書が必要になります。
キャッシュバック方式では商品を実際には売りませんが、業者側もだまされないよう、相手の信用度を増すために提示を依頼しています。
それぞれどのような内容なのでしょうか。

身分証明書なしでは現金化できない

クレジットカード現金化は身分証明書なしでは現金化できません。
身分証明書とは、運転免許証、パスポート、保険証などになりますが業者側によっても指定があり、指定されたものを準備できるとよいです。
顔写真付きを指定しているところとそうでないところもありますが、何の提出が必要かは業者によって変わってきます。
お金を取り扱う業者に身分証明書の提示をすること自体、何かに使われることを危惧して心配なこともありますが、必ず必要なことなので仕方ないこととも言えます。

古物営業法に違反する

リサイクルショップなどで必要でなくなった商品を売るときに、本人確認の身分証明書の提示を求められます。
これは古物営業法といって、中古のもの売るときは身分証明書が必要だからです。
クレジットカード現金化は、商品買取方式なら中古品を売るため、キャッシュバック方式なら本人の信用度を増すために、身分証明書の提示を依頼しています。
そのためクレジットカード現金化の業者は公安委員会の認可が下りた、古物営業法の適用がされる業者とも言えます。
実際には商品買取方式しか古物営業法と関係がないかもしれないですが、業者の信頼度を確認したい時、見ておきたいポイントの一つです。

運転免許証などの写メでOK

身分証明書の証明は、コピーしたものを郵送したり、直接店舗に行かなくてもよいため、メールの写メで確認を終了します。
そのため運転免許証の写メがあれは、すぐに完了することが多いです。
あたらめて何か書類を取り寄せたり、会社の給料明細などを送る必要もありません。
審査不要でクレジットカード現金化ができることがメリットですが、身分証明は写メのみで完了するためとても楽です。
時間も短縮できて、手間もかかるようなこともありません。

クレジットカード現金化は、身分証明書が必要な現金化行為です

商品買取方式では古物営業法が適用されていて、キャッシュバック方式では利用者側の信用度を得るために提示を求められることになります。
クレジットカード現金化の業者は公安委員会の認可が下りていて古物営業法が適用されていれば、それだけ安心できる業者とも言えます。
クレジットカード現金化業者の利用の決め手になることもあります。
身分証明書の何を求められるかは業者によって違うこともありますが、顔写真付きの証明書を求められることが多いです。
運転免許証はそれに当てはまりますし、写メして業者にメールを送れば業者側にとっての身分証明は完了します。
給料明細の提示などの審査は不要で元々面倒なことはないですが、時間がかかることもなくなり、すぐに身分証明が終わりますのでとても楽です。